新メンバー加入!

先日、スーパーでの買い物中での出来事。

スーパーって見切り品があるじゃないですか?
私、あれ好きなんですよね。
いつもは買うことのない商品に出会えることがあって思わぬ出会いがあるのが楽しいんです。

そんな中、今回出会った商品がコチラ!

焙煎一味と呼ばれる一味の缶です!
スーパーでたまに見かけてたのですが、高かったので買う機会がありませんでしたが、
今回は見切り品ということで、少し安くなってたので思い切って買ってみました!

缶というのが、オサレですよね(笑)
かっこいいです。

しかも焙煎というのが今まで食べたことない一味です、楽しみです!

唐辛子の純粋な味を知るには、七味唐辛子より一味唐辛子というのが私の考えなので、
これが手に入ったのはラッキーでした。

さて、それでは、調理の前に一度食べてみます。

見た目は他の一味と変わらず赤いですが味は・・・

「・・・ん? ん〜。 ん?」

口に入れた直後、正直な話、それほど辛さは感じませんでした。
激辛でよくある、口に入れた瞬間に舌を刺すような鋭い痛みを与える辛さではなく、
一味というにはあまりにも物足りないような気が・・・

しかし、次の瞬間!

「かっらぁあっっっ!?」

喉越しの時に激烈な辛味が喉を襲います!
その衝撃にビックリしました!
あまりのギャップに驚きました。

そして、舌に残ってた一味たちもしばらく過ぎてから、急にガツンッ ときました!

この一味はどうやら、遅れてくるタイプの一味のようです。
しかも喉にもダメージを与えるところを考えると、量によっては胃にもダメージを、
与えかねないポテンシャルを秘めています。

後から辛味を与えるというところだけを考えると、
この一味の使い方としては、
料理の色付けと、後味辛さ用ですね。

なので、それほど元の料理の邪魔をしない一味です!

これはこれで、我が調味料セットの中には無い魅力ですね!
主張が激しい調味料や香辛料の中にも、こういった存在は必要ですね。
実際にこれを使って料理もしてみましたので、その話もまた近い内にしますね!
さぁ貴方もレッツチャレンジ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。